自治労とは?自治労栃木とは?2022春闘疑問に答える36協定の手引き自治研センター県本部大会 組織内議員

自治労栃木県本部
All Japan Prefectural and Municipal Worker's Union (Jichiro-Rengo), Toshigi Headquarters


皆さんこんにちは。自治労栃木県本部 執行委員長の石塚です。

まずウクライナ情勢です。
 ロシアは、2月下旬からウクライナへの軍事侵攻に踏み切りました。度重なる警告を無視しての侵攻は、国際社会と対立することになりました。すでに民間人も含む多数の死傷者がでており、国家主権と領土を武力で侵略することは国際秩序を揺るがす行為であり許せません。ロシアは、即刻武力侵攻を中止し、軍を撤退させ、国際社会との対話の席に着くべきであり、私たちは、ロシア軍の即時撤退と国際社会との対話の窓口を開くことを強く要求します。

 続いて、春闘の取り組みです。
 県本部役員が春闘オルグで各単組へ訪問し、各単組の役員から話を伺いました。春闘の取り組み具合には差がありますが、しっかり春闘期から組合員の声を反映した要求交渉を取り組んでいただくことが大切です。今春闘では、定年引き上げ制度、初任給の引き上げ、不妊治療休暇の新設等がポイントとなっています。まだ交渉等が進んでいない単組はしっかり取り組みをお願いします。

 次に、新規採用者等の組合加入の取り組みです。
 年度の切り替わり時期が、新規採用者をはじめ、再任用(再雇用)者、会計年度任用職員の組合加入の大きなポイントになります。しっかりと労働組合の意義を伝えていただくとともに、迅速かつ丁寧な対応をお願いします。
 また、組合加入に併せて自治労共済の取り組みもよろしくお願いします。

 最後に選挙関係です。
 3月後半から中間自治体選挙が次々に執行されます。自治労栃木県本部としては、まずは栃木市議選において、組織内の内海まさかずさん。そして、日光市議選では、斉藤ひさゆきさん、青田よしひとさん、那須烏山市議選では、高田えつおさん、壬生町議選では、落合せいきさんを推薦しています。更に、夏の参議院選挙では、自治労本部 前書記長の鬼木まことさんを推薦しています。

自治労栃木県本部 執行委員長 石塚 利雄














自治労栃木組織内議員紹介
















連絡先プライバリポリシー   Copyright (C) 2005 Jichiro Tochigi All Rights Reserved