説明: http://www.jichirotochigi.jp/top_images/jitirotochigiklogo1.gif
 
 

 




県民の安全・安心を支える公務・公共
サービスの実現に向けて!


執行委員長 松本敏之


 8月末に台風10号により岩手県と北海道に大きな被害がありました。犠牲になられた方のご冥福をお祈り申しあげ、また被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます。
 自治労女性部総会と青年部総会が8月20日、21日の両日、宇都宮で開催されました。県内各単組から青年女性を中心にのべ350人の仲間たちがウラカタを担い、成功させることができました。お礼を申し上げます。
 8月25日、26日と自治労第89回定期大会が長崎市で開催され、栃木では代議員14人と傍聴者70人が参加しました。今年は役員改選の年ではありませんが、青年部長が交代して北海道の佐藤さんが新しい青年部長に選出されました。大会に参加されたみなさんは、まなんだ成果を今後の組合活動に活かしていただきたく、よろしくお願いいたします。
 9月19日は安全保障関連法、私たちは「戦争法」と呼んでいるものが成立して1年にあたり、国会前と宇都宮のオリオン通りで法の廃止を求める行動があり、国会前には24,000人が集まったと伝えられています。それぞれに組合員のみなさまにご参加いただきました。日本が戦争に加担することのないように、そして戦争法の廃止に向けて、引き続きさまざまな行動に参加していきたいと思います。
 さて、10月19日には栃木市の岩舟文化会館で、自治労栃木県本部第67回定期大会を開催いたします。今年は運動方針を決定する年ではありませんが、当面の闘争方針案などの議案をお持ち帰りいただき、単組で議論をいただき、大会での発言のご準備をお願いいたします。その当面の闘争方針案の一部になりますが、現業・公営企業・公共民間統一闘争について、10月6日までに要求を提出し、10月21日を闘争基準日として各単組での交渉をお願いいたします。このたたかいにすぐ賃金確定闘争が続くわけですが、今年は人事院が月例給、一時金とも引き上げる勧告をしていることから、12月議会には労使合意を踏まえて給与条例改正案が提案されるよう、このことを踏まえた日程で交渉をお願いいたします。県議会最終日が10月13日ですから、県人事委員会の給与勧告は10月11日か13日ではないかとうかがっています。県人勧も見極めたうえで、10月20日に一斉に要求書を提出し、交渉を重ね、11月14日の週をヤマ場としてしっかりした回答を引き出していきましょう。公共サービス民間単組は、関連する自治体単組と同じスケジュールで決着することは難しいでしょうが、12月一時金を労使合意に基づいて支給させることも考え、自治体の決着にあまり遅れることのない決着をめざして取り組みをお願いいたします。重点要求課題もご提案していますので、議論をお願いいたします。
 宇都宮市長選挙は11月20日投開票とみて間違いないと思いますが、報道されているように、宇都宮市医師会副会長の金子とおるさんが立候補を決意し、9月5日に民進党栃木県連が推薦を決定、連合栃木も9月20日の執行委員会で推薦を決定しました。自治労としても、「LRTよりも教育・医療・福祉の充実を!」と訴える、金子とおるさんを推薦し、勝利のために奮闘したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
(2016年9月21日)

kyousai-bana
zenrousai
自治労栃木県本部第67回定期大会
2016年10月19日、岩舟文化会館で開催
自治労栃木    

 組織内議員紹介
  

連絡先プライバリポリシー   Copyright (C) 2005 Jichiro Tochigi All Rights Reserved