説明: http://domino.local.jichirokyosai.jp/Kyosai/WF_Webinfo.nsf/0080965d56997284492572c1000def2e/e632c7148d67386a49257a640021081d/$FILE/%E6%A0%83%E6%9C%A8%E7%9C%8C_A-2.jpg


説明: 自治労共済本部のご紹介

全労済自治労共済本部とは?

自治労共済

組合員の助け合いの輪を拡大し、長期にわたる組合員利益の確保と双方の経営基盤の強化による経営の健全性の確保を目的に、201361日より全労済と完全統合し「全労済自治労共済本部」として新たなスタートを切ることとなりました。

kyousai-bana


全労済自治労共済本部

地域公共サービスに携わる労働者の相互扶助と連帯強化の理念のもと、「総合共済」を基盤に、「団体生命共済」「じちろうマイカー共済」「火災共済」「自然災害共済」「長期共済」「親子共済」など、組合員とそのご家族の皆さまの暮らしに必要な保障を提供してまいります。

zenrousai



栃木県支部


◆所在地    〒320-0052 栃木県宇都宮市中戸祭町821労働者福祉センター5階

◆電話/FAX    028−621−5888 / 028−625−3220

◆営業時間   平日8時30分〜16時45分  (定休日:土・日・祝日)

 

共済商品一覧

自治労共済生協の助け合いの礎となる慶弔見舞金制度です。

組合員同士の支えあいによる一年満期の生命共済です。組合員本人だけでなく、配偶者、子どもも加入することができます。

在職中に掛金を積み立て、その積立金をもとに退職時に年金・医療・遺族の保障を自由に選択して加入できる制度です。

お子さまの高校卒業該当年度に満期共済金を受け取ることのできる積立型の共済制度です。

大切な住宅、家財を火災や風水害から守る共済です。

自動車事故の対人、対物賠償補償と搭乗者の死亡、障害、医療を補償する制度です。


全労済と自治労共済生協の統合について

 全労済と自治労共済生協は20116月に統合し、全労済の中に“全労済自治労共済本部”が設置されました。統合にともなって、長期共済などに加えて、20136月からは団体生命共済・火災共済・自然災害共済のすべてを全労済が引き受けることになりました。なお、統合後も自治労共済生協は存続し、総合(慶弔)共済などを引き受けます。
 組合員の皆さまの窓口は、引き続き所属の組合(またはこれに準ずる団体)および各都道府県支部です。
 組合員の皆さまには、これまで同様に全労済と自治労共済生協へのご協力、および全労済と自治労共済生協の共済制度のご利用をお願い致します。


総合共済基本型の制度改定について

 全労済との組織統合にともない、新たな『総合(慶弔)共済』として給付制度が一部と変更になります。変更の実施は、20144月以後に発生した給付事由から適用されます。本誌パンフレットには、20144月改定実施後の内容で記載されております。詳しくは、所属の組合ご担当者、または県支部までお問い合わせください。


自治労自動車共済ご利用の皆様へ

 自治労共済の自動車共済は、20136月発効分から、ご契約の満期にあわせて、じちろうマイカー共済へ契約移管します。自動車共済につきましては、契約移管の前と後で補償内容または共済掛金が変更になることがあります。新たな補償内容と共済掛金につきましては、ご契約ごとに「契約切替のてびき」が同封されますので、適切な補償のご選択に向けご検討いただきますようお願い申し上げます。

 ※従来の自治労自動車共済も、経過措置として20194月末(20185月契約発効分)までご利用いただけます。


『運転者年齢等調査』ご協力への御礼

 じちろうマイカー共済契約切替の共済掛金を算出するため、すべてのご契約について、20126月発効から1年間をかけて、運転者年齢と車両情報の事前調査にご協力をいただきました。御礼申し上げます。また、契約切替前に車両入替などがございますと改めて事前調査の更新が必要となります。引き続きご協力をお願いいたします。


じちろうマイカー共済のお申し込みは……

 20136月発効から『じちろうマイカー共済』が新規にご利用できるようになりました。所属の組合にありますじちろうマイカー共済 掛金見積依頼書をご記入いただき、掛金算出に必要な資料とともにご提出ください。また、掛金試算ができるインターネットサービスをご利用いただき、あなたのお車の掛.金を、算出することができます。詳しは、所属の組合までお問い合わせください。



信用リスクについて

 全労済は、将来の支払いに備えて、厚生労働省令に定められている共済契約準備金をこえる充分な積み立てを行っています。また、資産運用のリスクを適切に管理し、健全な資産運用を行っています。
 全労済は、これからも引き続き健全な経営に努めていくとともに、情報開示を積極的に行っていきます。また、個人情報保護法をはじめ関連する法令等を遵守し、お預かりした組合員の皆さまの情報について厳重な管理体制のもとに正確性・機密性・安全性の確保に努めています
(※詳しくは各都道府県支部にお問い合わせください)。



戻る